Raspberry pi 環境作成

ラズパイでRuby(1.9.3)をインストする

投稿日:2017/08/19 更新日:

Raspberry PiのOSを最小インストしたとき、

Rubyがインストされていないのあとから気づきまして。。。

 

またそれが、

いろいろ勘違いして難しくインストしようとしていて、、、

なんでか、インストしてもRuby関係コマンドまったく使えへんし

アホみたいに時間がかかってしまいました

 

結果、めっちゃシンプルにできました

(2017/08/22 更新)

そもそも、入れないといけないのがRubyのバージョンが1.9.3であること!

そのへんのことが書いてない!!

さらにOSのraspbianが8系Jessieから9系Stretchになったことで、

余計にややこしいことになってしましました

そのへんも踏まえて更新

手順

ruby-devのインスト

まずは、Rubyのヘッダーファイルを入れていきましょう

これは拡張モジュールのコンパイルをやってくれるヘッダーファイルだそうです

以下のコマンドを実行してください

$ sudo apt-get install -y ruby-dev

リポジトリの変更(raspbian9系Stretchの方のみ)

次の手順のruby1.9.1-devが9系Stretchにはないもので、インストールができません!

8系Jessieにはあったのに。。。

archiveリポジトリには8系Jessieまでのパッケージがありますので、

/etc/apt/sources.listにarchiveリポジトリを追加しましょう

$ sudo vi /etc/apt/sources.list
↓をコメント
#deb http://mirrordirector.raspbian.org/raspbian/ stretch main contrib non-free rpi

↓を追加
deb http://archive.raspbian.org/raspbian/ jessie main contrib non-free rpi

↓パッケージリストを更新しましょう

$ sudo apt-get update

全部おわったら元に戻しておきましょうね

ruby1.9.1-devのインストール

さて、本題の1.9.1のインストールです

このパッケージ、8系Jessieまでのバージョンまでのリポジトリにしかないようです

9系Stretchにはない模様

(なのでリポジトリ修正してね)

$ sudo apt-get -y install ruby1.9.1-dev

インストール終わったら、リポジトリをもとに戻しましょう

336px アドセンス

336px アドセンス

-Raspberry pi, 環境作成
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ラズパイのよく使うコマンド備忘録

Raspberry Piのよく使うコマンドの備忘録 (随時更新   アップデート $ sudo apt-get update $ sudo apt-get upgrade $ sudo ap …

USB 無線LAN をつかってraspberry pi 2をアクセスポイント化

raspberry piをスタンドアロンというか、 単独で動かしていこうとしたとき、 ディスプレイやキーボードとか周辺物がいろいろ必要になってきますよね そんなとき、raspberry piに無線LA …

ラズパイにpipをインストールする

Python関連扱っているときに、pipっていうコマンドがでてきました 調べてみましたら、 Pythonのパッケージ管理システム だそうです pipはPython関連を扱っていくなら入れておいた方がよ …

ラズパイを日本語対応環境にする

viとか使っている際に、キー配置がおかしくなりなんじゃこりゃ??と どうやらシステム全体的に日本語対応ができていないのかなと 手順 sudo raspi-configを実行してUIのコンフィグ画面を表 …

ラズパイのネットワーク設定~IP固定(DHCP無効)~

raspberry piは使い方的に 主にリモート接続するんじゃないかと そーした場合、DHCPでIPが自動設定だとなにかと不便 なのでIPを固定する方法の備忘録 いつものLinux系ネットワーク設定 …

いちおうソフト屋さんやってます
だめリーマンをつづけて10年過ぎました

お笑いと二次元とアイドル界隈の住人です
クルマやお料理なんかもいけるんやで

それではゆるゆるふわふわいきませう