Office PowerApps

PowerAppsTips~データの並び替え③ If関数~

投稿日:2017/05/25 更新日:

PowerAppsTips~データの並び替え② UpdateContext関数~

↑でデータの並び替えをしました

8の手順で設定したSortByColumns関数の第3引数について解説しようかと

 

このとき記述した処理は以下のとおり

SortByColumns関数の第3引数(↑のDescending)を↓に変えましょう
If(SortDescending, Ascending, Descending)

If関数

さてここで使った新しい関数はIf関数

オンラインヘルプにはなんてかいてあるんでしょうね↓

PowerApps の If 関数

構文

If( Condition, Result [, ElseResult ] )

If( Condition1, Result1 [, Condition2, Result2, … [ , ElseResult ] ] )

  • Condition(s) – 必須。 true かどうかをテストする数式。 これらの数式には、通常、比較演算子 (<、>、= など) と、テスト関数 (IsBlank、IsEmpty など) が含まれています。
  • Result(s) – 必須。 true に評価される条件について返される、対応する値。
  • ElseResult – 省略可能。 満たされる条件がない場合に返す値。 この引数を指定しない場合は、”空白” が返されます。

解説

If(SortDescending, Ascending, Descending)という処理を記述しました

 

第1引数には、SortDescending

これはコンテキスト変数の名前です

第2引数には、Ascending

これはソート順で降順を表す固定値

第3引数には、Descending

これはソート順で昇順を表す固定値

 

つまり、

SortDescendingの値がTrueのとき降順、

そうでないときは昇順にする

っという処理になります

 

336px アドセンス

336px アドセンス

-Office, PowerApps
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

PowerAppsTIPS~データの一覧表示~

では、データを一覧で表示させてみましょう PowerAppsTIPS~表示画面と編集画面のきほん~ ↑から、ギャラリーコントロールを使うと一覧で表示できるとのこと ギャラリーコントロール オンラインヘ …

PowerAppsTIPS~Office365のPowerAppsからデータ接続の追加~

PowerApps Studioでの接続は↓でできました PowerAppsTIPS~データに接続する データソース~ Office365のPowerAppsであらかじめ接続先を作っておくことで、 便 …

PowerApps Studioを使ってみる~PowerAppsの開発環境~

PowerAppsにはPowerApps Studioというツールが用意されているそうな。 ダウンロード | Microsoft PowerApps   Powerapps Studio f …

PowerAppsが無償で使える?コミュニティプランが発表されたらしい

Microsoft、「PowerApps」のコミュニティプランを発表 ~個人用途に限り上位版が無償 ↑っというニュースを見つけました   コーディングなしでカスタムビジネスアプリを構築できる …

PowerAppsTips~詳細データ画面への遷移 Navigate関数~

PowerAppsTips~データの並び替え③ If関数~ さて、↑までで一覧画面らしいものができました   ↓でデータを1件表示しようとしていました PowerAppsTIPS~データの1 …

いちおうソフト屋さんやってます
だめリーマンをつづけて10年過ぎました

お笑いと二次元とアイドル界隈の住人です
クルマやお料理なんかもいけるんやで

それではゆるゆるふわふわいきませう