Arduino 環境作成

Arduinoの開発環境を作ってみる~Arduino IDE for Visual Studioのインストール~

投稿日:

Arduinoの開発環境を作ってみる~VisualStudio Community 2017のインストール~

↑でVisualStudioまでいれました

Arduino IDE for Visual Studioを入れていきましょう

 

公式は↓

Arduino IDE for Visual Studio – Visual Studio Marketplace

インストールの仕方や、設定方法、使い方なんかも書いてあるので一読するといいかと

インストール

インストールの仕方は公式からプラグインを落としてとかありますが、

VisualStudioから追加しようと思います

  1. VisualStudioを起動する
  2. メニューのツールより、拡張機能と更新プログラムを選択する
  3. 拡張機能と更新プログラムの画面より、オンラインを選択する
  4. 検索しましょう
    「Arduino」と入れてください
  5. Arduino IDE for Visual Studioというのがでてくると思うので、
    ダウンロードをクリックします
  6. しばらく待つ
  7. 変更スケジュールがどーこー言われますので、VisualStudioを閉じます
  8. 勝手にインストールっぽい動きします
  9. インストールするので、変更をクリックする
  10. インストールされてます


  11. インストールが完了したので閉じるをクリックする

インストールはこれで完了です

336px アドセンス

336px アドセンス

-Arduino, 環境作成
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Arduinoの開発環境を作ってみる~VisualStudioの設定と動作確認~

Arduinoの開発環境を作ってみる~Arduino IDE for Visual Studioのインストール~ ↑さて、ここまででインストール類が完了しました では、設定と動作の確認をしていきます …

ArduinoでLED Matrix Displayを使ってみる~接続編~

2017/06/28更新 本記事は、Arduino Unoでの接続のため動作確認ができませんでした   ArduinoとLED Matrix Displayを接続してみます Connecti …

Arduino MegaでLED Matrix Displayを使ってみる~接続編~

Arduino MegaとLED Matrix Displayを接続してみます (UNOじゃないです、MEGAです!!   Connecting with Jumper Wires | 32 …

Arduino UNOで64×32 LED Matrix Displayは使えませんでした

ArduinoでLED Matrix Displayを使ってみる~サンプルコード編~ ↑でサンプルコードを実行しましたが、 LED Matrix Displayには何も表示されませんでした はて、なん …

LED Matrix Displayにいじった可変抵抗値を表示してみる

可変抵抗を使ってみる で、可変抵抗のアナログ値を取得できました これを↓に組み合わせて表示してみようと思います LED Matrix Displayになんとなくそれっぽいものを表示してみた ねらいとし …

いちおうソフト屋さんやってます
だめリーマンをつづけて10年過ぎました

お笑いと二次元とアイドル界隈の住人です
クルマやお料理なんかもいけるんやで

それではゆるゆるふわふわいきませう